2020年コロナウィルスの影響により、伺ってのお見積りを一時休止しております。 椅子の写真をメールまたはLINEにてお送りください。
ほぼすべての作業を一人で行っております。お時間をいただいております。

我が家の歴史が刻まれた椅子をいつまでも大切に

椅子づくり一筋50年、フランスの職人達との交流を深め、 その技能と知識をあなたの家に生かします。

良い椅子は、永い年月が経つほど想い出と愛着の詰まった家族の一員となります。親から子へ、そして孫へ、代々使いつづけて欲しい。そんな未来の物語を描きながら、私たちは一脚の椅子を創っています。張り替え・修理は忠実に椅子の歴史と技能を伝えています。

LINEで簡単お見積もり

椅子づくり一筋50年、フランスの職人達との交流を深め、 その技能と知識をあなたの家に生かします。

I.S.U.house上柳公式LINEアカウントでもお見積もりを承ります。LINEでお友達登録いただき、椅子の写真をお送りください。内容を確認後、ご連絡いたします。ぜひご活用ください。

ライン
友だち追加

修理事例

椅子づくり一筋50年、フランスの職人達との交流を深め、 その技能と知識をあなたの家に生かします。

椅子の張替え

椅子づくり一筋50年、フランスの職人達との交流を深め、 その技能と知識をあなたの家に生かします。

古典的・昔ながらの天然素材をもちいている椅子の場合、悪くなっているところは交換し、使える素材を生かして、新たに詰め物(天然素材)を補充します。例えば、スプリングですが、永年使用されたものは、時には折れていたり、スプリング自体が弱くなってしまいます。折れた場合や弱くなっているスプリングは交換します。

また、まだまだ使用できるスプリングの場合には、前後左右のスプリングを入れ替えます。椅子は前に負担がかかりがちですので、スプリングを入れ替えることで、さらに永くお使いいただけるよう、心がけております。

張り替えの際に、全ての天然素材の詰め物や材料を現代技法のベニヤやウレタン等に入れ替えてしまった方が簡単で費用も安くはなりますが、椅子の歴史を残し、次世代へ語り継ぐために、どこをどのように直したのかをわかるように張り替えをしております。

尚、10年未満の椅子は御容赦ください。

天然素材について

特に、古典的・昔ながらの椅子はスプリングを用い、天然素材を詰め物としております。日本では、現在手に入りにくい材料、天然素材の椰子ファイバー・馬毛・スプリング等をはじめとした材料や椅子張り用の道具類をフランスから直輸入し、日本で昔から使われている詰め物のワラ・芝草・マオラン等も、ストックしております。そのような古典的な椅子張りを最も得意としております。もちろん、現代のウレタンを使用した椅子も承ります。

椅子の貸し出し

ダイニング用の椅子の張り替えでは、張り替えの期間中に椅子を2~4脚まで椅子を貸し出しております。お伺いさせていただく前に、椅子貸し出しのご希望をお知らせいただければ幸いです。尚、室内にてペットを飼われている場合には、恐縮ですが椅子の貸し出しができないことをご了承ください。

2020年よりコロナウィルスにより椅子の貸出を見合わせております。

椅子張り技能士

椅子の張り替えはもちろん、新しい椅子(例えばソファなど)の製造は椅子張り一級である上柳征信が承っております。(技能士とは、技能検定国家試験の合格者です)

フォトギャラリー

テーブルの塗り替え

椅子づくり一筋50年、フランスの職人達との交流を深め、 その技能と知識をあなたの家に生かします。

ダイニングテーブルやセンターテーブルなどテーブル類の塗り替えも承っております。お見積は、概算でお出しいたしますが、正確なお見積は実物を塗装の職人に見せてからとなります。

よくあるご質問

椅子づくり一筋50年、フランスの職人達との交流を深め、 その技能と知識をあなたの家に生かします。

PAGE TOP